ウォーターサーバー、浄水器、ペットボトル、
結局おトクなのはどれなのよ!

特集

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康志向や放射能の影響から、ウォーターサーバーや市販のペットボトル入りミネラルウォーター、家庭用浄水器などを使う人が急増。けれど、いったいどれが一番良いのか、という疑問があります。

まず、浄水器ですが、これは、ホームセンター等で見かける事ができる1000円程度のものからしっかりとした業者が扱っている数十万円するもの等がありますのでピンキリと言えるものになります。

しかし、多くの方は、ホームセンター等で販売されている安価なものを使用していると思います。

その場合、この浄水機能はほとんど浄水効果がないと言われていますし、、頻繁にフィルター交換する必要があると言われており、そのフィルターの価格は本体と同じ位するものが多いとのことです。

そのため、非効率的な方法だと感じている方もおおいそうです。

そして、高額の浄水器は、本体自体が高額な事の他に取り付け工事が必要な場合もありますので、さらなるイニシャルコストがかかります。

しかし、水道水を浄水器に通すだけで使用する事は大変魅力を感じますし、一度設置してしまえば、カートリッジやフィルター等のメンテナンスのコストと水道代だけになります。

次に、ペットボトルについてですが、これは、皆さんも普通に購入することがあると思いますが、現在では色々なお店で売られており、たとえば、ドラッグストアやディスカウントショップ、ホームセンター、スーパー等があります。

これにより、大変安価で購入することができますし、いつでもどこでも購入できるという手軽さがあります。

そして、現在の販売価格は、2L6本入りで600円前後で販売されているものを見かけます。

つまり、12Lで600円ですのでやはりお手軽な価格で購入することができると言えるでしょう。

しかし、これを購入しに行く手間や持って帰ってくる手間、使用済みになったペットボトルの処分等色々と手間がかかります。

最後にウォーターサーバーですが、これの最大のメリットと言えば、自宅まで水を配達してくれる事です。

そして、水の代金とレンタル代を合わせた価格は各社ばらばらですが、レンタル代無料で水にかかるコストは12Lで1200円程度となります。

そして、ペットボトルも回収してくれますので、多少市販のペットボトルよりも高くなりますが、色々と手間がかからず便利だと思います。

しかし、ウォーターサーバーを置く場所やウォーターサーバーを動かす電気代、水のボトルをストックするスペースを確保しなければならない等、デメリットもあります。

この様にそれぞれにメリット、デメリットがありますので、自分の生活合ったものを選ぶ事が大切になってくると思います。

このページの先頭へ
  • HOMEへ戻る
  • お問い合わせ