解約は簡単にできる。ただし違約金が発生することも…

基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、ウォーターサーバーの解約について説明したいと思います。

そもそもウォーターサーバーを契約するときにはインターネットや電話で申し込んだり、営業の方と直接契約を結ぶ事でや契約をすることができます。

そして、その契約をする際に契約金を支払って契約をしたり、契約金は無料で契約することができます。

その後に多くの方はレンタルにてウォータサーバーを設置し、水を購入して使用するという事が一般的な流れとなっています。

では、解約する場合にはどのようにして解約することができるのでしょうか。

実は契約と同じで解約する場合にも解約金が発生する場合があります。

その解約金の額は各社で異なることが多く、契約内容によっても異なるので、契約時には必ず確認をするようにしましょう。

たとえば、解約時には必ず解約金が発生するという事や契約時に決めた期間に満たない場合には解約金が発生する等のケースがあるようです。

また、解約金ではなく、ウォーターサーバーの撤去費用として料金が発生する会社もありますし、ウォーターサーバーを宅急便に返却する場合の送料はユーザーもちと設定いる会社もありますので注意をしてください。

そして、解約金の相場として若干の間隔はあるものの多くの会社は5000円〜6000円程度の解約金と設定している会社が多くなっているとの事です。

この様な事は契約書や規約書に記載がある事がほとんどですので、いざ解約するときに初めて解約金の存在を知ってトラブルになると事は避けるようにした方がいいと思います。

そして、解約はしたいけど解約金を払うと損をすると思っている方もいるとおもいますが、損をするケースというのは、サービスに不満ですぐ解約して解約金が発生する場合とサーバーをレンタルではなく買い取りにした場合になりますので、よく計算をして解約するようにしてください。

このページの先頭へ
  • HOMEへ戻る
  • お問い合わせ