定期的なメンテナンスをすることで安全な水が飲める

基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーのメンテナンスや衛生上の安全はどのようになっているのでしょうか。
ここでは、そんなウォーターサーバーのメンテナンスや衛生上の安全について説明したいと思います。

まず、ウォーターサーバーの契約の基本的な部分から説明すると、ウォーターサーバーという水をタンクにため、電気の力を利用し、タンクにたまった水を冷やしたり、温めたりすることができる機器を借りる事になります。

そして、このウォーターサーバーに水の入ったボトルをセットする事で水が自動的にタンクに溜まっていくという仕組みになっています。

そのため、契約をすると、水の入ったボトルとウォーターサーバーを使ってこの水を利用するということになります。

また、水を使い切ったボトルは、回収する業者と使い捨てタイプを採用している業者がありますので、衛生面的には問題なく使用することができると思います。

しかし、このウォーターサーバーは毎回取り替えてくれるというものではありません。
そのため、タンク内と水を排出する経路等のカビや水垢が気になると思います。

大半の業者は定期的にメンテナンスを行っています。
しかしそのメンテナンスも各社それぞれ対応が異なり、サーバー自体を取り換える業者もいれば、掃除を行う業者もいます。汚れている部品のみを交換する業者もいますので、気になる方は契約をする際問い合わせてみたほうがよいでしょう。

できればサーバー自体を交換してくれる業者にしたいですね。

また、それ以外にも掃除等のお手入れは自身で行う必要があります。
たとえば、ボトルの差込口やその周辺部分をタオルでふき取ったり、消毒用のアルコールで掃除したり、水を出すための蛇口の周りや水がこぼれないように設置する受け皿にも同じようなお手入れをする必要があります。

この様にメンテナンスとお手入れをすることで、衛生的にも安心して飲むことができる水になります。
実際にはそれほど手間はかかりませんので、メンテナンスと衛生面でそれほど気にする必要はありません。

このページの先頭へ
  • HOMEへ戻る
  • お問い合わせ