冷水・温水は冷蔵庫・電気ポットと同じ

基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほぼ全てのウォーターサーバーに共通している機能があります。
それは冷水・温水の機能です。

今回は、そんなウォーターサーバーで水を熱くする仕組みについて説明したいと思います。

ウォーターサーバーでお湯を作る仕組みは、電気ポットやケトルと同じです。
温水タンク内の金属棒を加熱する事で水が熱くなり、お湯ができるという方法。
ケトルとの違いは、お湯の温度を保てることです。

一方の冷やすほうですが、こちらは容易に想像がつきますよね。
冷蔵庫やビールサーバーなどの仕組みと同じです。

ウォーターサーバーで水を冷やす仕組みは、大きく分けて2パターンあります。
念のため説明しておきます。

(1)コンプレッサーで冷やす方法

冷蔵庫やビールサーバーと同じ冷却法です。
外周に冷媒配管を通し、ここにコンプレッサーで循環させた冷媒を流すことで冷却させる方法で、冷蔵庫と全く同じ仕組みとなり、メリットとしては、短時間で水を冷やす事が出来るという事が挙げられています。

ちなみにビールサーバーは、冷媒配管がタンク内にあり、その中に水を入れる事で水を0℃近くまで冷やす事ができます。そして、その水の中に螺旋状のチューブがあり、このチューブを取ってビールを出す事でキンキンに冷えたビールが出てくる仕組みとなっています。

(2)電気で冷やす方法

これはペルチェ素材に電気を通すと冷却作用が働くことを利用したシステムとなっており、消費電力が低く冷却時間がかかる事から主に家庭用として使用されているようです。

され、気になる電気代ですが、冷蔵庫と電気ポットを足したものだと考えるとなんとなく想像付きますよね。
1ヶ月1,000円程度です。どのサーバーも電気代に大した違いはありません。

このページの先頭へ
  • HOMEへ戻る
  • お問い合わせ